人気ブログランキング |

仕分けを使ってチャートに白黒つけながらシナリオを考える。白黒が好き♡なのでパンダも好き♡


by アッコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2019年 05月 31日 ( 1 )

d0352658_11015382.png
今日のマーフィーさんのTwitterです。

さてこの文章を読んで、今日のシナリオをどう組み立てるか。 以前はうまくできませんでした。

ここにケッティ流仕分けと私の今までの勉強を絡めてみていきます。

ーーー今日のシナリオーーー

日足
d0352658_11094268.png
4時間
d0352658_11152806.png
日足・4時間で中断保合いの中で動いているという事は、次はダウントレンドとなる可能性が高いです。

マーフィさんは調整反騰局面と判断



1時間
d0352658_11295531.png

1時間はトレンドレスとなっています。 ダウントレンドの次のトレンドレスは上昇しやすいといつも見ています。で、昨日は上昇し、トレンドレスの値幅を拡大しました。

4時間の中断保合いの上限を超えない限り、トレンドレスにはなりません。ダウントレンドから中段保合いは順張りするところなのでショート目線で1時間も見ていました。

今日は、上昇から一転1時間トレンドレスの下段まで下落しています。 ここには4時間の実体とヒゲのゾーンがあります。1時間のトレンドレス下段が効くのかをまず見ていきます。

11時半 今のドル円の動き
d0352658_11371425.png
ここは、下段3点目としてロングエントリー場所ですが、4時間で4回目のトライ場面。トレンドレスでのトレードでは4点5点は狙わないというルールがあります。

マーフィーさんはリスクオフとしてドル穏やかな下落トレンドとよみますと言っています。

ここで週足のチャートをみてみます。
d0352658_11443715.png
サイクル理論では大きな波の中で小さな波を形成します。週足にはまだ下落余地はある。+2σにタッチしない場合は直近安値まで下落の可能性が高いという私の検証結果をもとに、日足・4時間は中断保合いで下目線の中で1時間がサポートラインを今日は割ることができるのか?という感じで私はチャートを見ます。なので、下位足の調整反騰は終わった。穏やかな下落トレンド中の可能性が高いとみていきます。

私のルールでの反騰局面は、-1σを超えた時ではなく、センターを明確に超えた時としました。さんざん転換で痛い目見てるので、明確な方で判断としています。

ボリがスクィーズしていても、日足の反騰局面はセンター越えです。

と、いうことは、昨日センター越えを試したけど超えることができなかったことから、ドル円チャートは、穏やかな下落の最中のシナリオ。

1時間のトレンドレスを軸に見ていくのでサポート割れば、1分・5分で戻り売りを考えます。


いろいろな方のシナリオを読んで流されていたけど、それでは実行できない。

自分で考えて、自分のシナリオで実行しないといつまで経っても人に流される。

やっと自分のシナリオを説明できるようになってきた。 あとは実行のみ。 損になれば改善が見つかる!


今日もしっかり見ていこう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美容室行ってる間にサポート明確に割ってきました。

14時半
d0352658_14335357.png
1時間のMACDは下向き 5分の戻りを待ってショートと行きたい場面。 
d0352658_14405406.png
5分はのダウントレンドは+2σにタッチしながら下落しています。 という事は15分ではセンタータッチで動く。 ここは15分のセンタータッチを確認してからショートと考えます。

ここでショートできない場合は、108.500あたりのゾーンでロング狙います ← こっち本命

d0352658_14462518.png
22時半

週足
d0352658_22345979.png
ーーーーーーーーーーーー
土曜日の朝のチャート

d0352658_18404617.png
何となくまだ下落する感じではありますね。。底と見ているのが108.026ラインなので、ここを抜けるならまだ下落を疑っていきますが、調整反騰も視野に入れる時間でもあるのでロング目線は変えずに、転換狙いで何度かエントリーを試します。


週足 安値から高値まで17週 高値から先週まで6週 サイクル23週 

日足サイクル15 4時間18 

月曜日は下げる可能性が高いですが、日足高値から9日で時間分析的には下落が一旦終わるところというのを頭に入れておく。

だけど、年初のクラッシュもあるので損の許容度を考えてトレード徹底ですね。



by FX-supanmoderu | 2019-05-31 12:11 | 検証と練習 | Comments(0)