人気ブログランキング |

仕分けを使ってチャートに白黒つけながらシナリオを考える。白黒が好き♡なのでパンダも好き♡


by アッコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

転換練習から思うマーフィーツール

スパンオートシグナルは転換判断には向かない。 

日足転換はトレンドやレンジの天底を狙うので、スパン反転タイミングのシグナルがドンピシャで来る事はない。

転換は全てのローソク足が±2σを振り切っているところでエントリーする頂点や底を狙っていく逆張り手法。トレンドでスパンオートシグナルは出ないが、レンジではタイミングよく出る事もあるが上下でシグナルエントリーは出来ない。よほど値幅のあるレンジ相場ならスパンが反転を繰り返すのでシグナルでエントリーできるかもしれないが、その判断が出来るくらいの練習をしていなければ使いこなせないと思う。
d0352658_13483574.png

目安はトレンド相場では下位足でトレンドと保合いを何回繰り返しているのかと上位足でのラインと合わせてみていく。レンジ相場ではサポレジラインと±2σの動きで判断。

レンジでは、1点目を付けてから、2点目・3点目が狙い目だが、短い時間を使うとチャート表示の中に納まらなくなるので判断に迷いが出やすい。私は15分がちょうどいいかなと思って使っている。

レンジでは1時間より4時間の方が点の判断はしやすいがタイミングが4時間内のどこで来るのかはわからないので、タイミングを考えると、大局4時間、エントリー短い時間で判断が安心。判断が大きな時間だけでやると損切り幅が深くなりやすい。



遅行スパンアタッカーは、遅行スパンが反転するタイミングと±2σ間のサポレジラインが引けるような場面でシグナルが出る、レンジと保合いの2つで転換狙いには使えるが、トレンドではシグナルはでない。

マーフィー手法は、天底を狙う転換という手法はない。あ、時間分析は転換を狙えるかも・・・だから好きなのかも^^;

転換は、基本的なトレンドとレンジが分からないと、トレンドとレンジが何回繰り返しているのかは判断できないし、トレンドの頂点は狙えない。 

私は一回のトレードで100pips以上を狙っていきたい。なので日足軸に天底狙いのスイングトレードを攻略したい。1か月800~1000pipsが目標なんだけど、練習で3通貨3年分やってこの目標はクリアー出来る数字だと手ごたえはある。


リアル相場ポンド円は転換で反落し、4時間で調整反落出来るか、トレンド終了するか、を見ています。 


今日も頑張ろう^^






名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by FX-supanmoderu | 2018-08-31 09:42 | 検証と練習 | Comments(0)