人気ブログランキング |

仕分けを使ってチャートに白黒つけながらシナリオを考える。白黒が好き♡なのでパンダも好き♡


by アッコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レンジトレード判断

d0352658_23122931.png
d0352658_23132990.png
8日本のラインって打ち間違ってる・笑)

ローソク足にラインを引いてみた。ラインが当たるところに引いてみると8本のラインが引けた。

大きなレンジから3段階レンジ幅が出来てそれぞれのラインとローソク足に点を入れる。2点目からエントリ―を考えると7回のトレードが可能。
d0352658_23133969.png
スパンモデルを表示させてみた。ラインは減らして5本 レンジ内ライントレードするなら問題なさそう。ただ、どこでセンターを割ってトレンド終了したのかは判断できない。赤色スパンに反転した時に赤色スパンの上にローソク足はショート場面。次のスパン上抜けしたところも絶好のショート場面。
d0352658_23140996.png
スーパーボリンジャーを表示させてみた。レンジは±2σ間で動くので、最高値と調整反落達成したラインの2本。トレードは2σ間なので4回のトレードで、5回目上昇したが-2σをタッチしないところでショート目線となる。

d0352658_23140129.png

全てを表示させ、ラインを引かない状態。 判断はスーパーボリンジャーと一緒。 



こうやってチャートを表示させると、気づきがあるもんだ。 ゴチャゴチャして表示させて見づらいかもと思いながらMAとか増やしてみたり、減らしてみたり、チャートを表示させた時に、トレンドなのかレンジなのかレンジならどこを見るべきか。

レンジは極端な話し水平線2本とボリンジャー±2σだけでいいかもと思う^^ 

最高値を付けてから、3か月。日足ライントレードなら7回、スーパーボリンジャーなら5回のトレード

最近はレンジ逆張りの練習をやっている。 ラインと±2σの判断 

以前判断が間違っていたところが明確になってきた。






名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by FX-supanmoderu | 2018-08-26 23:46 | 検証と練習 | Comments(0)