人気ブログランキング |

仕分けを使ってチャートに白黒つけながらシナリオを考える。白黒が好き♡なのでパンダも好き♡


by アッコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年1月 ポンド円環境認識

月足の安値と週足の安値は一緒。 zigzagを使ってサイクルを見ていく。
d0352658_22423461.png
2016/10/7 週足の底から 2017/4/17次の安値 1サイクル
2017/4/17 週足安値から 2サイクルの中


週足1サイクル=2016/10月~2017/4月では日足 上昇1サイクルの後、下落1サイクルで下落50%達成


週足底は日足の底になる。

週足1サイクルの中に、日足1,2サイクルで終了し次の週足2サイクルへの動きへ。


2017/4/17が週足安値 
d0352658_22504439.png
日足4サイクルで週足高値超えず安値を割らずのレンジ。 その後高値超えて1,2,3サイクル目(1月)


<直近週足>
安値・・・ 124.589
高値・・・ 148.380(超えた)次の高値 188.539 
月足ボリンジャー+2σ・・・158.750

高安値幅は 63.95 ちょっと考えにくい。。 月足+2の値幅で考えると34.161

上昇から下落し、値幅のあるレンジとなり、遅行スパン上下に動きながらも高値更新。月足+2σまでいくか?ただし、ゆっくりの上昇であるなら+2σの価格はもう少し下がる。

ーーーここからは時間分析の数字とサイクルを合わせて大まかな流れを出してみるーーー

週足は、26~38週の間でサイクルを作る。
日足は、33~42日の間でサイクルを作る。

ポンド円 <サイクル投資法より> ()平均値

週足=20~28週  (24週)
日足=26~36日   (31日)
4時間=30~41本5.8日  (35本)

今年は月足+2σまで上昇し月足の戻り上昇を達成するとみる。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by FX-supanmoderu | 2018-01-03 22:27 | Comments(0)