人気ブログランキング |

仕分けを使ってチャートに白黒つけながらシナリオを考える。白黒が好き♡なのでパンダも好き♡


by アッコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1時間軸に5分トレード検証の続き

今日は1週間をじっくりと検証していきます。

4時間 スパンモデルスペシャル MA100
1時間 スパンモデルスペシャル MA100
15分 スパンオートシグナル MA100

2009年 3月1~7 1週間

資金10万 トレード1万通貨 損切30pips  

16回トレードし、利益11回 損失2回 同値3回

プロフィットファクター 2.13

勝率 43.75%

期待利得 1.2

平均勝ちトレード 36190円  平均負けトレード 16970円

連勝2回 連敗3回

プラス19220円

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回気を付けたところは・・・

・1時間のチャートに集中する
・1時間で根拠がない所はエントリーしない
・1時間にとにかくラインを引く
・1時間のサポレジを意識しながら5分センターでエントリーしエグジットする
・1時間が走る相場になったら1σでエグジットする
・3回連続負けたら様子見する

5分スパンオートシグナルが点灯したのは43回数

従った
2回 (この後トレンドが出た)
従ってない
36回 (持合い、レンジ)
従っていれば利益になった
5回 (1時間レンジトレードができた)

1時間スパンオートシグナルが点灯したのは2回

従った
2回

ーーーーーーーーーーーーーー

1時間下落と判断で5分でショートし、5分のセンターでエグジットは遅すぎる。 1時間のサポート付近でエグジットをする。
1時間でトレードしているので1時間で判断しなければならない。ライン付近反発でエグジットする。

1時間の終り値でエントリー。 5分で判断しても1時間の終り値が決まらないと損切に合うパターンが多い

1時間でトレンドが出た時のエグジットは1σ

1時間の根拠が明確な所以外は5分チャートは見ない。 

ーーーーーーーーーーーーー

スイングではなくデイトレは、悠長なトレードをしていたら何度も損切にあう。根拠のない所でトレードも損切なる。

5分の小さな利益を狙いに行ってはダメ。 5分はあくまでも1時間根拠付近でのエントリーなのだ。

ーーーーーーーーーーーーー

途中検証ソフトがカクカクして後半動きが悪くなってしまって思うように判断できなかった。

午後からは次の週で検証

ーーーーーーーーーーーーー

午後からの検証はソフトとの戦いでした・笑 

午前中はちゃんと動いていたのに、なんでスムーズに動かないんだ??? かれこれチャートと格闘する事6時間。その間同じチャートを3回動かしたが、動きが悪く最後まで検証できない>< 何かがおかしいが見つけられない。

何とかきれいに3面のチャートは動かすことが出来ないが、色々触りながら2回目の検証をやり遂げた。。ふぅ。

ーーー2回目ーーー

4時間 スパンモデルスペシャル MA100
1時間 スパンモデルスペシャル MA100
15分 スパンオートシグナル MA100

2009年 3月14~21 1週間

資金10万 トレード1万通貨 損切30pips  

17回トレードし、利益12回 損失3回 同値2回

プロフィットファクター 1.56

勝率 35.29%

期待利得 0.8

平均勝ちトレード 37690円  平均負けトレード 24110円

連勝2回 連敗4回

プラス13580円

ーーーーーーーーーーーーー

最後の流れに乗れたのが利確してないから利益にならなかったけど、デイトレでの検証をするとちょっとした判断ミスが大きな痛手になる。

この週は、私が大の苦手な上昇局面があった。攻略しようとしたができなかった。。できなかったが、いつもならショートを打ちまくる所をルールがくるまでと様子見できたところが損失拡大にならなかったんだと思う。その後の調整局面も損切が続くところなんだけど、ここでも1時間の根拠を見ながら狙いを決めてエントリーできたのが良かった。

まだまだデイトレの脳になっていないので、躊躇する場面もあるし、5分の動きに翻弄されてエントリーしてしまう事も多い。短い時間ではあせりが一番の敵だ。 じっくりと根拠のあるところまで待つ。これが今後の練習で必要。



今週はいい気づきができた。 ずーっとスイングが私には合っていると思い込んでいたが、損切を決めるとなるとどうしても損切幅を狭くしなくちゃ資金がもたないという事が心にストンと落ちたことでデイトレに気持ちが切り替わって検証した。

検証で、以前の自分を思い出して嫌になったが、ここで確率を少し理解できた。 

損切幅は限定したんだから負けていいんだ。 損失をどうにかしようとする心だったが、損切を受け入れるという...私にとって最大の難関を少しだけ突破できた^^;

そう思う事ができたが、やっぱり損はしたくない。したくないからここぞというところでのみエントリーし、それがだめなら清く諦めるとすると、以前よりチャートを細かく見る事ができるようになってきた。

ここが崩れたらここまで動く。 ここは何回目の調整なんだろう? 早まるなと自分に言い聞かせスパンシグナルが出ても大局ではどの位置なのかを確認し、見送る場面、エントリーしてもよさそうな場面とみています。 たぶんスパンオートシグナルは私の中ではここから大きくうごくのでは?という場面で使う感じになってきました。 なので1σセンタースパンと利確するのではなく、シグナルが出てからの判断でスパン方向でエントリーする感じで検証してます。

5分のスパンオートシグナルは、1時間のセンター付近になるとシグナル点灯を繰り返します。ここでエントリーは無駄打ちになりやすい。かといって5分の±2σでエントリーは損切を何度も食らいます。 1時間で引いた斜めのラインが大事で、ライン近くでは損切に合う回数が減り、利益になる場合が多い。 このラインを週末はボリンジャーで検証していきます。

連続11回の損切から、今日は連続4回まで減らしました。 練習しながら改善点を見つけて一つでも改善していきます。











Commented at 2017-07-08 03:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-08 03:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-08 03:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by FX-supanmoderu at 2017-07-08 13:53
とりさんの登場を心待ちにしておりました^^ ほほ。。

はい! 覚えております!! 

とりさんは私にデイトレをすすめてくれました。その時は、とてもデイトレではメンタルが続かないと思ってスイングで考えていたのですが、やっとオススメの意味が理解できました。(すみません・・・気が付くのが遅すぎて^^;)

自分でも??だったんです、、、スイングって言っていながら、毎日トレードしているんですから^^; とりさんのおっしゃる「食い違い」に今頃気がついたという。。

<リスクの許容度、トレードしている時間とかを考える>
<結局はどう判断してどう行動するかにかかってくる>
<1時間の動きとその時の5分の動きとをよく見比べて、どこがポイントなのかを探ってみる>

動画コーチングも毎日聴いてはいるのですが、痛い目に合わないと気づけない私ですが、自分で納得するまで検証も、トレードコーチングも続けていきます。

スレット検索していると、とりさんの記事がありましたので読んでいます。大変勉強になっています。

いつもありがとうございます!

今後もご指導よろしくお願い致します。m(_ _)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by FX-supanmoderu | 2017-07-07 12:02 | 検証と練習 | Comments(4)