人気ブログランキング |

仕分けを使ってチャートに白黒つけながらシナリオを考える。白黒が好き♡なのでパンダも好き♡


by アッコ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

下げた分ほぼ全戻し。

昨日の値幅 1.398 月曜日の下げでエントリーできなかったことを悔やんでいたが、ほとんど戻してしまった^^; 悔やむ必要が全く無いという。。

<1時間>

d0352658_07314586.png
+2σを終り値で超えてそこから上昇。今は+1σのところにローソク足でスパン反転で、スパンオートシグナルが点灯しています。MA100まで行きそうな感じです。

昨日は3月のFOMCの時のマーフィー動画を観て見ました。 1分でドル円2円動いていましたね。この急落にはなかなかついていけないけどスパンオートシグナルが急落前に点灯していたという内容でした。ふむふむ。

ーーーーーーーーーーーーーー
各時間軸の±2σを見てみると結構面白い事に気が付きました^^ ボリンジャーを見る時は必ず±2σにタッチして動くと決めつけてチャートを見ていますが、タッチして動くはずがそうならない時も多々あります。その時は一つ下の時間軸の±2σがどんなタッチをしているのか?を確認するとちゃんとタッチして動いているんですよね~ 当たり前だけど・・・。 

必ずタッチするという感じで見ていくと、タッチしていない時間軸を外して一回、2回とタッチしている時間軸を見つけ、そこで判断するというのがわかりやすい。

上昇した後は-2σにタッチ。下落した後は+2σにタッチ。その後の動きは次のタッチに向けて動く。必ずタッチして動いていく。だから、+2σでタッチしている時間軸なら次は-2σに必ずタッチするとみていく。ここでタッチしない場合はおかしい。。。と判断する。
ーーーーーーーーーーーーーー

ヨーロッパタイム

<1時間> 
d0352658_18095712.png
日本時間の狭いレンジから大きく上昇し+2σ超え、そして2本目も超えてきたところでドテンロングとしましたが全戻しとなりました。
久々大きな損切。 ポジション量を徐々に増やしてみようと思っていてポジションを増やすと損失が大きく(当たり前)結局こういう動きを経験すると+2σ越えで買い上がるのが恐怖になるという。。 痛い目に何度も何度もあって経験積めば何とかなるもんだろうか。??
1時間のボリンジャー3σがフラットになった時に損切の判断は良かった。もう少し早めに切れればよかったがこれはそういう相場だったと諦めよう。

指標で4時間の+2σ達成と思いましたがそこまでの上昇はできませんでした。 ここで4時間のチャートをみておきます。

d0352658_18172320.png


見づらいけど、赤色スパンの上にちょこんとローソク足が出るけど+2σを達成していません。 前回もそして今回も+2σを達成する事ができなかったので、必ず直近安値を割ってくると考えます。 大きな指標前ですが、4時間チャートを見ながらエントリーしていきます。

5分のMA100でヨコヨコ。そして、1時間のMA100を超えたローソク足はもう一度MA100を割って決まったが、上昇してきている。青色スパンということと、遅行スパンは陽転継続しているのがこの動きにつながっていると思う。1時間がセンターで抑えられている。上を試して全戻ししているので上昇してもさらに全戻しにになるとは思えない。5分の+2σでショートしてみる。と思っていたら、+2までいかないで下落。5分の直近安値は割る。5分の直近安値は1時間のヨコヨコ下値なのでこれで1時間のヨコは崩れる。間違いない!

ーーーーーーー
NYタイム

指標で大きくうごきました。これで1時間のMA100を明確に超える事はできなさそうな・・・遅行スパンアタッカーシグナルも-2σ終り値で割りましたので点灯です。ただ次の足で陽線-2σを超える動きになると1時間のトレンドレスになる。

次はFOMCです。 利上げ確実と言われていますが市場がどう反応するのか? わかりません。ただ、今の時点のチャートから言えることは・・・

・日足は巡航速度の下落-1σタッチで再度下を試す。

・4時間足は+2σにタッチすることなく再度下落なので、直近安値を試す。

・1時間は-2σを終り値で割ったので次の足が陽線で-2σの上で引けない限り走る相場となる可能性が高い。直近安値は139あたり。

今のチャートからは下落のシナリオです。




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by FX-supanmoderu | 2017-06-14 07:55 | 17年までのリアルトレ | Comments(0)