遅行スパにもう一度注目してみる。

相場は、時間と価格だとマーフィーさんは言います。 

時間分析で本数を数えなくても遅行スパンが教えてくれる。 検証をしていてもローソク足にタッチタイミングが重要だと感じてみていますが私は21遅行スパンより、26の遅行スパンの方が機能していると検証で感じていましたが、今日掲示板の遅行スパンのスレッドを見ていたら、マーフィーさんもおっしゃってました。 26の方が相場のリズムがあっていると・・・

私は遅行スパンは遅行スパンクロスを結構みていて、DCしているのかGCしているのかで判断をしていますが、改めて26遅行スパンの動きを見ると本当に相場の不思議を感じてしまいます。

よし。遅行スパンに注目して検証してみよう。







[PR]



# by FX-supanmoderu | 2017-07-25 19:09 | 検証 | Comments(1)

今日はいろいろとあった。

今日は都内に2時間かけて2回も往復する羽目にあい、心身ともに疲れました^^;

自分が作ったモノがサイズが合わなくて、家に返って作り直してもう一度持って行ったのにまたサイズが合わないという馬鹿な事をしてしまい、明日も持っていかなければいけないという。。 

自分のアホさ、詰めの甘さ、なんとなく大丈夫じゃない?という楽天的すぎる性格、この私のすべてが今日の都内2往復+1という結果になったという日・・・。

あ~~~~相場と一緒じゃーーーー 私の性格が相場ではマイナスになるんだーーと性格と向きあいました^^;

ただ、以前と違う事は、怒り心頭になるところを、感情を抑えて冷静にと自分に言い聞かせたこと。

怒ってもなんにもならないのよ。 感情を乱せば何かが変わるわけではないのよ。むしろマイナスよ。何にも良い事起きないよ。と^^


それで、電車の中でチャート思い出しながらいろいろ考えていたら一つまた気づきがありました。 それは・・・

私は同じところで毎回エントリーしているのだろうか・・・? というもの。

例えば走る相場が終わり調整上昇下落局面の±2σのところは絶好の戻りエントリーのタイミング。さてここで毎回私はエントリーしていいるのだろうか? 大局走る相場から巡航速度も終わり±1σ超えや割った足でエントリーしているだろうか? 必ずセンターでエグジットしているだろうか?

こう考えて見ると、「必ず」とは言えない。。 が答えでした。 この部分を今後の検証で考えてやっていきます。


明日も相場をみる時間が夜からになりそうなので頭の中でチャート開きながら電車で勉強します^^



[PR]



# by FX-supanmoderu | 2017-07-24 23:04 | 己を知る | Comments(0)

検証

5つの局面を頭に置きトレード

この時期は、週足レンジ

昨日途中でわからなくなってきたところからスタート

2011年 5月

利益 +3万800円
プロフィットファクタ 1.24
取引数 7

6月

利益 +32万5460円
プロフィットファクタ 
取引数 3

7月

損失 -22万3610円
プロフィットファクタ 
取引数 4

大局遅行スパンが陽転していないのに 4時間のダマシでエントリーで損失 大局を無視 視野が狭くなっている。

8月 

利益 +22万0110円
プロフィットファクタ 4.94
取引数 7

4時間の+2σでショートしたものの決済タイミングをどうするか?

9月

トレード無し

もうそろそろ反転か?という気持ちでチャートをみてしまい 4時間の+2σでショートエントリーしなかった。その後下がった。感情トレード

10月

利益 +18万6690円
プロフィットファクタ
取引数 5

11月

損失 -49万7450円
プロフィットファクタ 0.09
取引数 6

日足直近高値を超え遅行スパン陽転したので上目線として4時間-2σタッチで分割買いをしたが直近安値を割れた時に損切せずにナンピンを繰り返した。

12月

損失 -48万2300円
取引数 7

日足直近高値を超えたが+2σを超えることなく下落し遅行スパン陰転 -2σ割る。

今回の検証トータルは -44万300円 ^^; 後半の判断がダメダメでした。

チャートを一カ月ごと動かしているので、流れが途切れてしまっている。 

あせりがある。直近高値を超えたのなら、上がると思い飛びつき買いをしてしまう。 損失を出している月は大局に目線がいっているようでいっていない。短い時間に集中し、短い時間でエントリーしたものをロスカットする場所を決めていない。大局が上目線なのでいつか戻るだろうと感情トレードになっている。

夜にもう一度やってみる。

[PR]



# by FX-supanmoderu | 2017-07-23 12:39 | 検証 | Comments(0)

さていろいろ考えていきますか

あーーーー!! 昨日同じ記事が投稿されていたからひとつ消したら、続きを書いた方消してしまったぁーーーー。 くぅ~~~... ま、いっか。 執着を無くそう。 清く諦めよう。 こう考えられるようになったのもFXのおかげ・笑

続きに書いた内容は、アクティベート時間分析をどうトレードに落とし込んでいくのかが見えたという内容でした^^;

そして、ピラミッティング手法を取り入れて資金管理をするにはどうエントリーエグジットを組み立てていけばいいのかをこれから考えるとしました。

残りのトレードコーチングで過去記事を読みまくると書きました。   よし、今日も一つ自分を強くしていこう。

ーーーーーーーー
昨日はターゲット達成とはいきませんでした。 日足-1σで跳ね返えされて終わりました。
ーーーーーーーー

マーフィーさんの時間分析は週足と日足の時間を動画で教えてくれます。 この週足と日足をみて流れがどうなのかと判断するのですが、今は上昇だとか下落だとかではなく変化時間帯にきているという表現をします。この変化時間帯というのを上昇と判断するのか下落と判断するのかで損失拡大します^^; で、時間分析にはたくさんの数字が並んでいます。この数字はそれぞれ意味があるのですが全てをみて判断するには私にはかなり難易度が高い。 そこでサイクル理論を使って時間分析をもう一度見てみると、あーそういう事ねと納得しました。 やっと時間分析の理解が進みました。 

そして昨日は、週足と日足と4時間足でスパンオートシグナルと遅行スパンアタッカーを使って変化時間帯でどのようなサインを出しているのかをみていきました。 週足の変化時間帯付近では1時間以下のシグナルに従うというのが成功率が高いです。 全てのシグナルに従うのは結構シンドイ感じなのでここぞというところでの短い時間でのサインはかなりいいエントリーができます。

なのでスイングでは変化時間帯に近づいてきたら、1時間以下の足でサインを待ちサインに従う。1時間30分15分5分1分のどれを使うかはあらかじめ決めておいた方がいい。 このやり方で天底を狙えると思いました。 短い時間でエントリーは逆張りになります。大局上昇の中の押し目は短い時間の底を買い上がるということなので、エントリーする時はかなり勇気がいります。なのでスパンオートシグナルの逆行サイン。遅行スパンアタッカーでの-2σ超えないサインは有効です。ただしこれも、24時間のチャートの中では短い時間は頻繁にサインを点灯します。そこで、週足からのラインがかなり使えるというのがわかります。このライン付近に出たサインは絶対にエントリーと決めてチャートを見ると損切をかなり浅く設定する事ができそうです。

で、デイトレの場合、週足日足は上昇なので、買いでエントリーが失敗がない。だけど短い時間でのサインはとにかく頻繁に出現します。
上下のサインに従うと損切も多くなります。買のサインに従ってもダマシが結構あります。これも仕方がないという事で損切を受け入れ、何度も損切しながらもトータルプラスにしていくというイメージです。 

とにかく、大局の流れの判断を間違わなければ、そんなに痛いことにもならないのですが、判断を間違えてなくても損切は必ずあるのです。

さて今日も検証ソフトを動かしていきます^^ 

ーーーーーーーーーーー

うぉっしゃーーーーーー!!!! 

15万通貨を 分割エントリー分割エグジット  ピラミッティング手法 

検証なのでロット数を上げてやってみる事にしました。 損益を常にみないので心は乱れません・笑 どこでエントリーしどこでエグジットするかだけに集中です。


2011年1月 大局 週足レンジ  

日足レンジ・4時間・1時間チャートは スーパーボリンジャースパンモデル MA100 zigzag

利益 59万7840円
プロフィットファクタ 17.80
勝率7:1

めっちゃ納得いくトレードができた! 大局からの判断に迷いが無くなった。底でエントリーする事がどういう事なのかがわかった。
ボリンジャーと遅行スパンに注目してトレードできた。どこでポジションを止め、どこで買い増しするのかが見えてきた。ロットをうまく動かせた。

2011年 2月 判断は同じ

利益 54万7610円
プロフィットファクタ 19.56
勝率 12:2

2011年 3月 判断同じ

利益 123万20500円
勝率 100%

2011年 4月 判断同じ

損失 75万
プロフィットファクタ 0.19
勝率 3:16

調子に乗った。。いつもの自分に戻った・笑    日足上昇トレンドの中の下落を狙ったが・・・ 

日足レンジ上抜け-2σから離れた陰線(16日) 4時間+1σを割った足でショートエントリーセンターで上昇して日足(19日)で高値。
4時間-2σタッチ センター超えずに-2σ割る。 日足センター割る(7日) エントリーは日足からの調整反落センターまでの一回だけだった。 エントリーし過ぎ! 4時間足や1時間足に翻弄されている。

2011年 5月 判断同じ

利益 18万1940円
プロフィットファクタ 2.48
勝率 3:2

ぐぐぐぐ。。。わかんなくなってきた・・・。

  

エントリーした所の確認をしたらそんなに悪い所ではしていなかった。 1時間の大きな上昇でも焦らずにショート決済できている。



今日はだいたいの流れをつかんだ感じ。 時間軸はこの3枚でやっているけど、デイトレでも同じチャートの見方だと思うので、まずはこうなったらこうするを何度もやっていこう。 明日は今日の気づきを頭に置いて検証。



[PR]



# by FX-supanmoderu | 2017-07-22 09:17 | 検証 | Comments(0)

今日のシナリオと検証

自分の過去記事を読んでいて、あーこんな事書いていたなと思った事が・・・

「チャートは1万時間みないとダメ。正しく1万時間みて下さいね」という言葉。

トレード始めて毎日朝から深夜まで半年見続けて1000時間くらいでやっと10分の一達成したと書いていました。あれから1年経ちました。1000時間は正しくチャートを見れてません。なのでここから1万時間チャートを正しく見ていくことになります。大体5年くらいかかる計算です^^ だけど、検証ソフトがあるので短縮できます! ここからが本当の勉強!! 今日も頑張ろう。


ーー今日のシナリオーー

<日足>
d0352658_08344251.png
斜めのラインが週足のレジスタンス。 +1σを割ったローソク足はセンターも割りました。という事は・・・-2σまでの下落を考えていく。ボリンジャーが収斂しているのでフィボナッチ50%あたりまで下落とみる。そうなるとスパン下限=MA100。遅行スパンもローソク足タッチのタイミングとなる。

週足のレジスタンスラインタッチでは跳ね返される可能性が高いとみる。 今日ここまで下げるだろうか・・・

日足スパン下限 143.376 9時の価格 145あたり  1.624の値幅。こう見るとポン円一日の値幅としてはいい感じ。

<1時間>
d0352658_08591865.png
-1σに沿って動いています。1時間のチャートはきれいな形ではないし、4時間も巡航速度の下落となっている。こういう相場は一気に戻されることがある。たぶんそれは週足レジスタンスがカギとなる。 



[PR]



# by FX-supanmoderu | 2017-07-21 09:06 | 検証 | Comments(0)

マーフィーの最強スーパーボリンジャー・スパンモデルをやっているのに、ぜんぜ~ん勝てません。でも、でも、、やり続けますよ!だって最強の投資法ですから^^
by アッコ

最新の記事

遅行スパにもう一度注目してみる。
at 2017-07-25 19:09
今日はいろいろとあった。
at 2017-07-24 23:04
検証
at 2017-07-23 12:39
さていろいろ考えていきますか
at 2017-07-22 09:17
今日のシナリオと検証
at 2017-07-21 09:06
上昇→下落→の検証
at 2017-07-20 17:42